« 2008春季キャンプ 北谷編 | Main | 韓国野球ツアー その2(テジョン編) »

韓国野球ツアー その1(モクトン編)

今年も日本以外の野球を観察する機会がやってきた!今年は、サッカーW杯半月前に競馬の韓国ダービーを見に行って以来自身6年ぶりとなる韓国である。

韓国野球は、最近人気沸騰気味なのだそうだが、そんな中私的に注目は本年誕生したネーミングライツ球団である「ウリ・ヒーローズ」である。この球団、日本のイーグルスにそっくりなユニフォームということでまずツボに入ったのだが、4番打者がブランボー(元オリ)であったり、最近では高津が抑えの切り札として加入したりという話題(ネタともいうが)も豊富だ。

というわけで飛行機でソウル入りしてホテルで休む間もなくウリの本拠地、モクトン野球場に向かう。モクトン野球場は、泊っているソウル市中心部のホテルの最寄り駅からは地下鉄で一本、30分程度で行ける。元々はアマチュアとか、芸能人野球大会(意味不明)での使用が多かったそうだが、今年ウリが本拠地とすることとなったので、プロでの興行に耐えられるように突貫で整備をしたらしい。

なので、ボロボロかと思っていたのだが、座席はきたないがコンクリート打ちつけではないし、売店も数は少ないがあるし、スコアボードは電光だし、人工芝もきれい。その辺の整備度合がまさに東北楽天の最初を思わせるが、プロ野球を開催するという点では最低限のレベルにはあると感じた。また、グッズもユニフォームや帽子、シールなど必要最小限のものは売られていた。新球団でかつ今後の存在も怪しい球団のグッズであるので全部欲しいといえば欲しかったが、ユニフォームを買っても着る機会がないし、帽子は群馬球団のものを当面使おうと思っているし、Tシャツは子ども用しかなかったので、4枚2000ウォンのシールだけを購入する。

ここの球場ではウリは三塁側。相手の釜山ロッテジャイアンツは韓国1の人気チームということもあり、断然一塁側の方が入りがいい。そのロッテファンは、新聞紙を切って(張って?)ポンポン代わりとしたようなものや、オレンジ色のゴミ袋を持って大声援を送っている。一方ウリは、応援団長らしきお兄さんと、チアのお姉さん2人(ロッテは4人)と、ロッテ側の10分の1くらいしかいないファンでの応援。あとはかなり怪しげなマスコットが場を盛り上げている。

試合は、2回表に1点を取ったロッテがそれを守りきっての勝利であった。

さて注目のブランボー選手。元々オリックスに入る前も韓国野球で活躍し、オリックス退団後は昨年から再度韓国球界へ戻り、かなりの活躍をしているようである。ちなみに韓国では、ブルンバと発音するらしい。今日は4番DHでの出場。6回裏の3打席目にヒットを放ったが、ウリは勝負に行ったのか、ここで代走を出されてしまう。試合としては実はこれがキーポイントとなり、次の打者にもヒットが出たが、代走が3塁を欲張ってタッチアウト。ブランボーのままだったら、2塁ストップでチャンスが広がったのにと思われたが仕方がない。また9回裏に1点差のまま、この代走に打順が回ってきてしまったのも痛かった。ブランボーのままだったら、同点ホームラン間違いなし?と思われたが仕方がない。

また、高津は負け試合であったため、ブルペンでも1球も投げず、外野でボォーッと試合を眺めておりました。

一方ロッテジャイアンツの5番打者は、カリーム・ガルシア選手。ブランボーとともにオリックスを支えた左右の大砲が両チームの主砲を務めているというのは、オリックス贔屓としては感慨深いものがあるだろう。ロッテの熱狂的なファンからは、『ハレルヤ』の節に合わせて『ガールシア!ガールシア』と、オリ時代にもあまりなかったような大大大声援を受けていたのだが、打つほうはともかく今日の見せ場は守備。ライト前へのあたりをファーストへ矢のような送球で打者を刺しアウト。いわゆるライトゴロである。日本にいたころもしばしば見せていた強肩は健在で、うれしくなってしまった。

韓国に来る前には、ウリがKBOへの加入費を払っていないだとかというような話が伝わり、下手をすれば今日は観戦できないのではないかと、梅雨時期の天気以上に心配であったのだが、なんとか観戦することができて何よりである。我々の普段の行いが良いからに違いない。

P7101941P7101963P7101947P7101978

|

« 2008春季キャンプ 北谷編 | Main | 韓国野球ツアー その2(テジョン編) »

世界野球ツアー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国野球ツアー その1(モクトン編):

« 2008春季キャンプ 北谷編 | Main | 韓国野球ツアー その2(テジョン編) »