« スイス鉄道ツアーその1(ウィリアムテル・エキスプレス) | Main | 新春!大道選手トークショー! »

スイス鉄道ツアーその2(ピラトゥス登山鉄道)

スイス2日目は登山電車である。

山に囲まれたスイスは登山電車王国でもあり、百年も昔から登山電車がいくつも作られてきた。有名なユングフラウやマッターホルンにも、当然電車は走っているのであるが、ここルツェルンの近郊にも、ピラトゥス・リギやティトリスという山々が存在する。その中で、山の上で泊まりたいという希望に日程上沿うことができたということもあり、今回は「ピラトゥス鉄道」に乗り、標高2000mを超える「ピラトゥス山」に登ることになったのである。

ピラトゥス山に行くには、実は登山電車とロープウェイと2つの手段がある。当然、鉄道だけでなくロープウェイも魅力的ではあるため両方体験したい。というわけで、諸々検討した結果、登りを電車、下りをロープウェイということにする。同様に両方乗る客が大半と思われ、そのための周遊チケットも売られている。

まずルツェルンから鈍行に20分程度乗り、アルプナハシュタットに到着。ちょうど昼前でもあったので、何か食べようと駅の売店に向かったが、なぜかこの駅の売店には、飲食物以上に鉄道模型が充実しており、列車の他、セクシーなおねえさんのフィギュア(もちろん、鉄道模型用なのでちっちゃい)なども売られている。何か買って帰ろうかという欲望を抑えつつ、昼食も山の上で食べることとし、登山電車の駅に向かう。

ピラトゥス鉄道は、480パーミルという勾配。因みにわれらの神戸電鉄は、最大で50パーミルなので約10倍である。当然、われらの神戸電鉄のように、何事もなく登っていくのは不可能であり、ラックレールという、中間にかみ合わせる形のレールを1本敷いて対応している。

改札前で待っていると、赤い列車が6輌くらい立て続けに到着し、山からの乗客を降ろしたあと、線路丸ごと移動して乗車ホームにやってくる。その中の1両に乗り込む。傾斜に対応する形で平行四辺形の電車で、何だか遊園地の車両のようである。

発車するといきなりこれでもかという急勾配の連続。下を見ると、さっきまで乗っていたローカル電車の線路が、あっという間に小さくなっていく。木々の緑や、湖が美しい。

15分くらい乗ると中間地点で、山の上からの電車とすれ違い。電車としても急勾配の連続で一休みといったところであろうが、これだけの勾配だとくだりのほうがかえって力が必要と思われる。

中間地点を過ぎて更に上る。ここからは、標高もかなり高くなっており、木々の緑がなくなり、ゴツゴツした岩山が続く。そんな岩山の合間から、カウベルの音が聞こえて牛がいたり、上を見ると1,2分前に先行した電車が走っているのが見えたりする。遠くのほうでは、アルプスかもしれない雪山も見え、日本では見ることができない、いかにもスイスといった景色が展開される。

こうして約40分でピラトゥス山の駅に到着。10分くらい歩いて本当の山頂までの軽いハイキングを楽しんだり、この駅の上にある円柱形のホテルに1泊してディナーと夜と朝の景色に感動したりと、スイスの山の上を堪能した。

帰りはロープウェーとゴンドラを乗り継いで下山。朝で空いていたこともあって、かなりのんびりした気分になれた。

P8180189P8180206P8180213P8180224P8190253P8190268P8180242


|

« スイス鉄道ツアーその1(ウィリアムテル・エキスプレス) | Main | 新春!大道選手トークショー! »

スイスツアー」カテゴリの記事

Comments

Good post. I learn something totally new and challenging on websites I stumbleupon on a daily basis. It will always be helpful to read through articles from other writers and use a little something from other sites.

Posted by: topadult.Ro | August 16, 2015 02:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スイス鉄道ツアーその2(ピラトゥス登山鉄道):

« スイス鉄道ツアーその1(ウィリアムテル・エキスプレス) | Main | 新春!大道選手トークショー! »