« スイス鉄道ツアーその2(ピラトゥス登山鉄道) | Main | 勇者伝説 »

新春!大道選手トークショー!

P1030865_7 正月休みも終盤戦。今日は福岡を離れる日であるが、その前に福岡市内のショッピングセンターで開催される読売ジャイアンツの某選手のトークショーに参戦する。

これは、元旦に福岡入りしたときに、偶然電車の中吊り広告を見つけてしまったもの。読売と言っても他の選手なら全く行く気は起こらないが、それがオーミチ選手であれば話は別。相方の実家のご両親に若干?呆れられながら家を出る。

会場には開始一時間前に到着。気合い入れすぎ(笑)。しかし椅子での観覧のためにすでに20名程度が列をなしていたので、その最後尾に陣取る。
開始10分くらい前に席に案内されると、真ん中の3列目、オーミチ選手が手の届きそうな場所だ。

定刻過ぎにオーミチ選手が二階からエスカレーターに乗って手を振りながら颯爽と登場。それだけで我々はかなり興奮状態。P1030868

トークではホークス戦で杉内から打った同点ホームランの話など。ツースリーになり三振が取りたくてしょうがない性格の杉内は高めのストレートを投げてくるのは分かっていたので、それを狙い打ったとのこと。ツースリーになった時点でホームランを確信したというのは流石。

その後質問タイムになり、誰も質問しないものだから(笑)、私が質問してしまった。
「昨年、鶴岡選手がホームランを打ったときに、オーミチ選手が『両目で打て』というアドバイスをしたそうですが、あれはどういう意味なのでしょうか?」(←実際は緊張のあまり相当グダグダないい回し)
大変お詳しいですね、とか言われながらも、オーミチ選手からの回答は「鶴岡は打つときにどうしても右肩が下がりピッチャーを左目でしか見ることができず、それが打てない原因と思っていた。なので投手を両目で見るようにアドバイスをした。」ここ3ヶ月の野球についての最大の悩みが一気に解決してしまった!すばらしい!

P1030877_4  トークが終わり後半はビンゴゲーム。オーミチ選手写真パネルやオーミチ選手シルエット入りトートバッグ、その他ジャイアンツグッズや、ショッピングセンター提供の果物や肉などの豪華商品が並び、ビンゴになった順に抽選をして当たった商品をオーミチ選手から手渡しで受け取れるという。トートバッグが欲しいねえと話してたら1番に当選した人が持っていっちゃった。
まあ焦らずに何か当たったら儲けものと思ってたら、相方が順調に穴を開けていき、なんと200人中2番でビンゴ!そのときの表情はとても人様には見せられません(笑)。

商品を抽選で引くとティファールの食器セット。よりによって参加者の中で最も遠くに帰らなければならない人に最もかさばるものが当たってしまった。
オーミチ選手から手渡しを受ける相方の写真を撮ろうと前に出ると、オーミチ選手からサイン色紙をいただき、さらに「一緒に写真を撮りましょう」と言われ、夢のスリーショットが実現したのであった!

P1030874_3  新年から運使いすぎ。

私は結局リーチまでで終了。しかし敗者復活的に行われたオーミチ選手サイン入りバット争奪ジャンケンでは、なんとオーミチ選手に3連勝!。惜しくも4戦目でアイコになってしまったが、あの勝負師のオーミチ選手に負け知らずとは!

勝負運も使いすぎ。

ビンゴ終了後もオーミチ選手はピンクのハッピを着てショッピングセンターの福袋を売り、買った人にはサインと写真撮影というサービスぶり。もしかしたら職人気質で固い人かもしれないと思っていたのだが、大変気さくで明るい人でした。原辰徳に、左殺しではなくムードメーカーとして期待されてることに納得(笑)。

年があけて飲んで食べてばかりでお腹いっぱい状態が続いていたが、更にお腹がふくれてしまい、かなり興奮状態のまま、かつ、大きな荷物を抱えたまま、寝台特急富士に乗り込むことになってしまった。

|

« スイス鉄道ツアーその2(ピラトゥス登山鉄道) | Main | 勇者伝説 »

世界野球ツアー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新春!大道選手トークショー!:

» ピッチングフォーム [ピッチングフォーム]
ピッチングフォームの修正は、独自で行うのではなく、本当に上手な人から教わるのが得策です。ピッチングフォームを変えることで、スピードもコントロールもずいぶん変わってきます。 [Read More]

Tracked on January 19, 2009 09:43 PM

« スイス鉄道ツアーその2(ピラトゥス登山鉄道) | Main | 勇者伝説 »