« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

竜太郎

今日は開幕戦以来の群馬ダイヤモンドペガサス戦観戦のため車を1時間飛ばして伊勢崎へ。相手は今久留守監督率いる信濃グランセローズ。

群馬軍はけが人続出ではあり昨年後半のような安定感ある戦いというわけでもないのだが、昨日同地区のライバル新潟(というかエースの元ヤクルト伊藤)を撃破しついに地区首位に浮上。同地区のもう1球団で勝率3割台の信濃には、負けられないところだ。

試合は3回まで表・裏に1点づつ入るという珍しい展開。同点で迎えた9回も「1番バッター左翼線2塁打、2番バッターバント」で「1死3塁で3,4番バッター」という、タイブレークみたいな展開になったが、両チームとも点が取れなかったところまで同じで、結局引き分け。


さて今日の個別ハイライトは5回表。信濃の竜太郎が左翼線へのヒット性の当たりを放った場面。3塁側で見ていた私からは明らかにファウルであったが、3塁審判が『フェア』の判定。

群馬からは正式な抗議があったかどうかは見ていないが、審判団が協議して『フェア』が『ファウル』に覆ってしまった!

当然、信濃抗議。数分程度抗議したが本当はファウルなので何とか収まり試合再開かと思っていたら、当事者でありそれまでは抗議に出ていなかった竜太郎が突然審判団と言い争いを始める。

竜太郎の関西弁がかすかに聞こえてきたのだが、どうもミスジャッジを責めているというよりは、審判団の本件に関する一連の進め方に対して文句をというか指導というか、こうすべきだというような話をしている様子。

すると突然審判団から「退場」コール。

竜太郎、ぶち切れてしまい審判団に殴りかかろうかとの勢い。恐らく竜太郎は審判団に罵声も浴びせてしまったのだろう。もちろん許されることではないが、正直審判団もお粗末、竜太郎もちょっと気の毒な気もした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ユウキ!ユウキ!

ユウキ!ユウキ!
ユウキ!ユウキ!
ユウキ!ユウキ!
東京出張。予定が1830に終わったので野球を見ることにする。

今日の関東地区でのナイターはマリンと神宮。どちらにしようかと迷いつつ途中経過を確認するとヤクルトの先発がユウキとのことなので、神宮に参戦。東京ヤクルトに罪はないがいつも神宮球場では左翼外野ばっかりであるが、今日はたぶん二回目の右翼外野で、心おきなく東京ヤクルト応援。

ユウキといえば2002年後半の神がかり的な投球が思いだされるが、近鉄入団以来の大半がケガとの闘い。昨年オリを自由契約となり、東京ヤクルトに育成選手として入団、先日支配下選手登録されたばかりだ。

今日神宮にいた阪神ファンの大半は「ユウキ?誰やそれ?」というところで、楽勝モードであったと思われるが、健康体であればそうそう無様な投球はしない投手である。期待に応え、私が神宮球場に到着した途端、金本、辛井を連続三振。すばらしい!


ユウキは結局5回3安打1失点で降板したが、少なくとも、というか当然だが一場さんよりは使えそうだ。

ユウキ降板以降は押本らが無失点に抑えている間に、川島ケイゾウの渋いタイムリーで勝ち越し。

最終回はスコアボードに160キロ表示が出た林が、全く応援する気の起こらない選手ばかりの阪神クリーンアップをきっちり三凡に抑えて東京ヤクルト大勝利。オッシー・松岡・五十嵐・林のリリーフ陣は強い。これにまだ木田もおり、あとは左が一枚加われば更に強固。ブルペンで背番号18の左の投手が投げていたが、誰だ?藤井か?

ユウキは惜しくも勝利投手にはならなかったが、勝ち越しタイムリーのケイゾウとともにヒーローインタビューに登場。

「故障治療のため禁酒中だけど、今夜は帰って泣きます!」

外野にサインボールを投げるときに左手で投げていたのが印象的でした。

マリンは大差の試合になっており、自らの選択は今日に関してだけは正解やったかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おさかなとおそばと野球@福井

P5050178 P5050172 P5050181 P5050182 P5050186 P5050171

連休も後半戦に入った5月4日になったところでようやく遠出。目的地は福井。片道ガソリン満タン四千円弱+高速道路千円!、二人で往復して交通費壱万円でお釣りが来るとは!

4日は福井まで行っただけ。夜は海辺の民宿で魚を食べまくり。お刺身、焼き魚、エビフライ、海苔の吸い物などを堪能、腹一杯で食った後は即就寝。


5日はそれなりに観光らしきものをした後、福井市内のお蕎麦屋さんで5時前に夕食。福井の英雄である元小結大徹の湊川親方のサイン色紙が飾られている『つるき』という店で、おろしそばとソースカツ丼という福井の名物が一緒に食べられるという『越前』セットを注文。そばはコシがあっておいしかったし、ソースカツ丼も予想外にイケた。しかしながら、うどんかそばかと聞かれたらうどん(関西風)だし、ソースカツ丼よりは一般的なカツ丼を選んでしまうのだろうな。


さて、こんなに早く夕食を食べた理由は、六時半からBCリーグの試合が開催されるからである。
福井県ではまだ野球を見たことがなかったのでこれで1つ未踏の地が減った!

NPBの一軍の試合も開催される福井県営球場での福井ミラクルエレファンツ対富山サンダーバーズの一戦。福井は群馬と同じく二年目のチームで、元広島の天野浩一監督、元阪神の野田征稔、元楽天の木村考壱朗の両氏がコーチである。富山は昨年と同じく鈴木康友監督、横田、小牧の両コーチである。

連休真っ只中ではあるが、スタンドの観客は予想外に入っている。蕎麦屋で見た福井新聞でもスポーツ面の半分を割いて昨日の試合の内容を伝えていたりするなど、BCリーグは各チームとも地元新聞で取り上げられており、その宣伝効果も少なくはない印象。他リーグの特に都市型チームはこの点はかなりのハンデであり課題なのではないか?

ホームの福井の応援はバークレオとか田尾の応援歌とかミラパルコの曲などがトランペット演奏され、昔の西武そのものである。またチャンステーマ等もNPB球団のものが用いられており、多分どこかの応援団にいた人が仕切っているのでは?と思われ、それなりにまとまった応援が展開されている。


さて福井の先発はエース格の藤井宏海。かつてロッテにおり、投手と野手の両方やっていた、背番号64の藤井である。今年から地元である福井球団に入り、投手一本で頑張っている。

その藤井と富山先発の生出は、メチャメチャ悪いわけではないのだが、なぜか先頭打者を良く出塁させてしまい、ランナーを出すと牽制を多投するわ、間合いは長いわで、点が入らない割には時間がやたらかかるという展開に。

更に福井球団のイニング合間のイベントの仕切りの不味さがそれに輪をかける。五回裏後はグラウンド整備の間イベントが行われるのだが、整備が終わってもイベントがグダグタと続けられ、それが終わったらサインボール投げ込み。イベントそのものを否定するわけではないが、おかげでやや冷え込んだ気候の中でイベント終了を待っていた藤井の六回表のピッチングが荒れ模様でかなり気の毒であった。このあたりは他球団も見ながら改善していって欲しいところだ。

そして試合がやっと終盤戦になり、福井の打者に頭部に死球が当たった。変化球のすっぽぬけであり危険球とは判断されなかったが、次打者の時に信じられない応援コールが福井側応援席より聞こえてきた。


「ピッチャー狙え!○○!」

いくら何でもそんなコールをリーダーが仕切ってファンに言わせるのは如何なものか?とちょっとブチ切れてしまい、バックネット裏から福井応援団方向に怒鳴ってしまいましたよ。
それなりの盛り上がりはあるが、本質的なところは客を呼ぶ方も客の方ももう少し時間がかかるかな、と感じた次第。


とまあ、余計なところで個人的に盛り上がってしまったが、試合のほうは2対2というロースコアなのに三時間半もかかってようやく九回裏に到達。先程の死球の影響で指名打者を外したため、投手の藤井が打順に入っており、しかも九回裏は三人目が藤井になるため、我々だけ俄然緊張感が高まる。


果たして、二番目の打者が打席に向かうと、ネクストバッターズサークルにはヘルメットを被った藤井が登場、気迫のこもった素振りを繰り返す。二軍ではあるが、NPBで打者としても出場した男。福井球団のベンチに残っている誰よりも、期待の持てる打者のはずだ。

その二番目の打者がワンアウトから二塁打を放ち出塁、ここで藤井がどんな打撃をするのか、あるいは富山が藤井にどんな作戦を採るのか、大変興味深いシーンを妄想し、更に心はワクワクするのであった。

しかし、天野監督は藤井に代打を出しやがった(笑)。残念。結局試合は引き分けで終了。


試合後は藤井投手にロッテ時代のカードにサインをいただく。打者のカード(笑)。

せっかくなので藤井投手に、「最後の場面は打席に立つつもりでしたか?」と聞いてみた。

彼の答えは
「打つつもりでした!」


色々あってダラダラした試合ではあったが、藤井の最後の一言があまりにもキッパリとしていたので、私はかなり爽やかな気分になって球場を後にしたのであった。

200905041938000 200905051645000 200905062027000

| | Comments (0) | TrackBack (1)

東京競馬第4レース障害オープン

連休二日目はちょっと足をのばして隣県へ。アーサー青龍師がいなくなって久しく足が遠のいていた東京競馬場へ参戦。今日は京都で天皇賞があるが、私の主目的は障害レース。

贔屓の熊沢、出津両騎手の他、林・西谷・白浜・今村といった関西のJ・G1ジョッキーが参戦、ついでに10番メイショウタロー号をパドックで引いているのは往年の名障害ジョッキーで今は助手をやっている嘉堂さんである。


馬券はあまり人気のなかった熊沢・出津両騎手の馬の複勝とそこから人気どころへ流す。両騎手の馬はサンデーサイレンス産駒。数年前に亡くなり産駒も数少なくなってきたが、やっぱり競馬はサンデーサイレンスやろ!という十年前の競馬場の格言を信じてレースを待つ。

レースは熊沢のニホンピロファイブが3番手あたりに付け、久々の出走となった出津のアウトオブサイトは中団。熊沢が乗った馬は障害でも平地でも、八割方勝負どころで激しく手綱がしごかれるか激しくムチが入るかであるが、今日のニホンピロファイブは何事もなかったかのように4コーナー手前で先頭まで上がっていき、最後の直線では江田勇亮騎手のスズカイエローとの一騎打ちとなる。

叩き合いになると腕力には定評のある熊沢に一日の長がある。直線でスズカイエローを競り落とし見事一着。府中で熊沢が勝ったのを見たのはドンクールのヒヤシンスステークス以来かな?


馬券は複勝だけで取りガミではあったが、かなり満足してしまった。メインレースあたりまでいるつもりだったが、天皇賞の馬券を軽く買って滞在一時間で東京競馬場をあとにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東北楽天ゴールデンイーグルスが熊谷にやってきた!

P5020151_3 P5020153 P5020181_2 P5020201_3

ゴールデンウィーク初日である今日は、遠出をしても混むに決まっているので、当初の予定通り地元熊谷でのイースタンリーグの試合を観戦する。東北楽天ゴールデンイーグルスが球団史上初めて熊谷にやってくるという、歴史的な日だ(笑)。

2日前にタダ券が家の新聞の折込に入っていたのでそれを使うこととする。先着1000名までとのことであり、1000名も入る訳ないと思ってはいたが、試合開始2時間半前には球場に到着。

球場に着くと隣のサブグラウンドで楽天選手がアップをしていたのでそれをしばし眺める。打撃陣は本球場でフリーバッティングであったので投手陣中心。チルダースが他の選手とかなり溶け込んでいる様子が伺えたが、果たして本当にそれでいいのかどうかは悩ましいところだ。練習後に広橋コーチとチルダースにサインをいただき、球場に入場する。

【スタメン】
東北:聖沢塩川礒部憲史横川山崎西谷中川山本寺田
埼玉:黒瀬大崎大島松坂星斉藤浅村岳野原藤原
チーム設立時にドラフトで入団した塩川と西谷の二遊間を今日ここで見ることになろうとは!

試合は寺田が乱調というかストライクが入らず、ストライクを取りに行くと打たれるという悪循環で5回10失点。昨日のオリ中山のように12失点でも完投させるのはやめてくれと思っていたら5回で降板。

埼玉は藤原のあと投手を小刻みにつなぎ、守護神谷中を繰り出すまでもなく、武隈、三井のあとは上原を出して無難に逃げ切った。

打つほうで目を引いたのは横川。勝負が決した後ではあったがライトへ一発。打球の速さは素晴らしく、さすが佐竹の背番号を継いだ男である。対照的なのは礒部で、今のままでは正直ちょっと厳しい。

試合後はライオンズ選手による熊谷の少年たちへの野球教室を見物し、その後は入場時にもらった団扇に谷中さんにサインをいただいた。これで熊谷の夏の暑さもシャットアウトだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »