帯状疱疹

この週明けから、突然わき腹が痛み出した。最初は筋肉痛ですぐ治るかと思われたが、全く治らず、医者に診てもらったところ、「帯状疱疹」との診断であった。これは、水痘(水ぼうそう)のウイルス(バンプにあらず)が疲労とか加齢による抵抗力の衰退にともない、神経を刺激し、その後水ぶくれにような症状となって皮膚に現れるというものだそうな。水ぼうそうといえば、小学校2年生での転校直前にかかってしまい、最後の挨拶ができなかったという経験があるが、30年ぶりに復活してしまうとは思わなかった。死ぬほどの痛みはないし、食欲はあるし、ぐっすり眠れるが、違和感はある。

しかしそういう状況であるが週末は福岡である。さすがにおとなの野球教室は断念の公算が高く、また試合のない土曜日に計画していた色々な企みはオジャンとなりそうだが、暴走宣言をしている鷹ファンの友人を一人で博多の街にのさばらせるわけにはいかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

腰痛

結構健康には自信があるのだが、最近腰に違和感を感じてきた。もともと、10年くらいまえに会社の運動会で張り切りすぎてぎっくり腰になった経験があり、痛くて歩けないというものではないが、モヤモヤを吹き飛ばすべく、近くの治療院に行くこととする。

治療院の先生曰く、「運動しなさすぎ」とのこと。運動といっても走ったりという以前の問題のようである。確かに仕事柄普段はパソコンの前でじっとしていることが多いのであるが、そのために筋肉が固まってしまっていることが原因らしい。よって、治療では2時間くらいマッサージというのかなんと言うのか、筋肉をほぐす作業が行われた。何だか通常では考えられないくらい硬くなっているようで、私も痛くて苦しかったのだが、治療院の先生はさらに御苦労されたようである。

終了後、「今日はおとなしくしていたほうがいいです」といわれたが、私もそういわれなくても疲れてしまっていた。何回か通いが必要のようである。今日は、言われた通りおとなしく帰宅し、マスターズリーグや競馬を見て過ごすこととした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

不健康診断

記事が中8日である。まるで谷間のローテーション投手だ。

さて会社から健康診断の結果が来た。結論から言えば「異常なし」であった。やれやれ。
私の場合は昨年はなぜか体重でひっかかり、看護師さんの指導を受けたが当然無視。しかし今年は業務多忙のためかどうかは知らないが体重が減り、何とか標準ゾーンギリギリで収まった。その他懸念された中性脂肪は56、γーGTPについては37で思ったよりは低い数値であったため、安心してビールを飲み、ローストンカツを食べることができるわけだ。しかし36歳にしては高いかもしれない。

ところでこのブログのヒーローであるDJ選手であるが、復帰2試合目に死球を受けケガ、以後は一塁コーチとして出場しているようである。全治4週間らしい。微妙だ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)