高崎

070325

今日は野球はお休み。

来週末は、自身3年ぶりくらいに山へ芝刈りに行くので、靴とかグローブとかを買いに出かけるべく、国道17号線を北へ向かう。結局高崎までやってきて、無事購入。せっかくの高崎なので、かねてから行きたかった『高崎競馬場跡』に寄る。

高崎競馬場は、3年くらい前に廃止されたのだが、スタンドなどはJRAの場外馬券売り場として使用されている。内馬場は、駐車場であり、かつて馬が走っていた馬場の部分は、舗装されて車道となっている。従って、ちょっとした馬の気分になることも可能だ。

スタンドに入ると、JRAのほかばんえい帯広競馬と地方の大井競馬の馬券も売っている。JRAは中山と阪神と中京の3競馬場分なので、その気になれば5競馬場、約60レースの馬券購入ができるわけである。また今日から大井はナイター開催なので、朝から晩まで競馬三昧も可能だ。

さすがにそこまでの財力と時間はないので、厳選して各競馬場1レースだけ買うこととするも、最も後ろ向きな買い方だった阪神のレースだけ的中しただけであっけなく敗北した。

ばんえい帯広競馬は年度総決算のばんえい記念。ソフトバンクさんの援助により存続が決定したことに敬意を表し、主力選手の背番号3,6,7,9の馬連ボックスで勝負。8が抜け出したので馬券は早々に敗北が決定し、2着争いも9でほぼ決まりの形となり、「これは王貞治馬券だったか!」と後悔しかけた瞬間、残り2,3メートルのところで9が失速して6が逆転して2着。ハム(86)馬券である。今日行われたスピード勝負のJRA「高松宮記念」もいいが、ばんえい競馬の醍醐味が詰まった好レースだったと思う。

帰りに先週も食べた『煮ぼうとう』に再チャレンジ。今度は写真も取ってきた。やっぱりおいしいです。
Niboutou

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪急大好き

高校を卒業してはや20年。

20年前の今頃は、ほぼ浪人が確定し少しは落ち込んでいたが、一方で覚悟はしていたので1年間頑張ろうという前向きな気持ちと、でも最初の半年くらいは余裕もあるだろうから野球をいっぱい見られるというワクワクした気持ちの方が大きかったような気もする。

先日、高校時代の同級生からメールが届いた。卒業後20年たったのを機に、秋ごろ同窓会をやろうとのこと。今もそうだが高校時代もどちらかといえば『人畜無害な野党』の存在だったので、同窓会にも1回も参加したことはないし、必要な人物とは今でもつながっているので、参加については躊躇しているのが本音。場所もたぶん関西だし。

とはいえせっかく連絡をいただいたのに何もしないわけにはいかないので、住所とか近況をメールでお知らせする。

するとそのお礼のメールが来たのだが、そこには
「阪急大好きやまちゃん(注:実際は本名) ご無沙汰です」との前文が。
今回の幹事役のS君とは、それほど親しい間柄ではなかったのだが、それでもこんな前文が書かれてしまうとは!私のイメージが20年間『阪急大好き』というものであるとすれば、嬉しくもあり少々複雑でもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仕事のあいま

05112001
今週もマスターズリーグ見てしまった。あまりにも話題が偏りすぎるので今日はやめとく。子供にサイン攻めに遭う白石さんを載せときます。

先週の金曜日、楽な会合があって外出した。予想より1時間も早く終わったのはいいが、夕方仕事があったので、2時間くらい予定外に時間があいてしまった。さりとて、会社に早く帰りたくはない。
こういうとき、営業の方だと何とでも時間をつぶせるのだろう。球場で野球を見ている輩もいると聞く。
しかし、あまり仕事で外に出ない私にとっては、本当にどうしたら良いか分からなかったのである。

まずは地下鉄で新橋に行き、久々にJRA広報センターに寄る。ここは、いつも仕事をサボっていると思しきサラリーマンがおり、土日の参考レースを熱心に見ているのである。しかし、私はグリーンチャンネルで見ることができるのでパス。スポーツ新聞をハシゴしてここをあとにする。

その後は神田というか神保町の書店街に行く。ちょうど「野球難民」が発売されているころだと思ったので、購入を思い立ったわけだ。しかし、オタク本が多いことで有名な書泉ブックマートにはなぜかなく、隣の三省堂での購入となった。まあいいか。その後カード屋にも寄ったがめぼしいものはなく、仕方なしに会社に戻ることとする。

結構時間をつぶすのも大変である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オレの夏休みを返せ!

仕事が忙しくて、今年も夏休みが取れそうにないので、7月の3連休にどこかに行こうと思い立ち、昨日JR東日本の「三連休パス」を購入した。これは、JR東日本の全線にフリーに乗ることができるほか、函館まで行くこともできる。今回は、奮発してグリーン車用にした。もっとも、普通車用と比べて4千円高いだけなので、グリーン車用の方が相対的に良く売れるらしい。

で、計画したのは以下のようなものであった。
7/16 楽天対インボイス(天童)観戦 その後秋田まで移動して泊
7/17 秋田から青森まで移動し、青森で高校野球観戦 その後函館まで移動して競馬みて泊
7/18 函館から盛岡まで移動し競馬見て戻る。

楽天二軍戦は山形撤退の話もある中、最後かもしれない天童での試合。秋田はあまり行かなさそうなので泊まってみる。青森はとりあえず「全都道府県で有料の野球試合を見る」という野望達成のため。函館は薄暮競馬と寿司と温泉と路面電車等々。盛岡は本州で2つ残った未踏の競馬場である。

完璧な旅程だったのだが、今日会社に来るとどうも7/18は出勤だという話になりそうである。仕方がない。天童野球観戦&寂れた温泉ツアーに変更せざるを得ないか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

16年ぶり

P6250579
ボーナス支給後初の週末である。関西に行ってサーパス親子ゲーム観戦と夜の勇者さんのお店の開店一周年を冷やかすとか、長野に行って楽天戦を見て弟に2年ぶりに会うかとか、天童に二軍戦を見にいって帰りに福島競馬に寄るかとか、色々魅力的な選択肢があったが、日曜に仕事をせざるを得なくなり、土曜も所用が入ったので遠征は断念した。

所用というのは横浜の遠い親戚の訪問である。この親戚は、父のいとこなのであるが、実は私が大学の1年の終わりの春休みの帰省中にアパートが火事になり、家探しをしなければならないなどで途方にくれているときに近くに住んでいるその方に泊めてもらったりと世話になったのである。会うのはそれ以来で16年ぶり。お互い太った。

というわけでせっかく近くに来たので、そのアパート(跡)に行ってみることにする。
駅を降りて15分くらい歩くのであるが、覚えているのは一番の目印であった自動車学校だけで、途中に巨大なマンションが出没したときには、元々何があったっけ?と思うほどであった。16年たって本当に周りが変わってしまったのか、自分が老化したのか、それさえも良くわからない。

そして当時のアパートがあった場所に到達した。当然、火事のあとは立て直されており、新しいアパートが建っていた。多分築15年くらいになっているので、新しさはなかったが、それでも当時のぼろい木造アパートとは雲泥の差である。そして、ボロアパートのくせに「千草シティ」と名づけられていた名前は、「プラス ヴィコント(PLACE VICOMTE)」というものに代わっていた。何語だろう?

帰るついでに今日は暑かったので風呂でも入ろうかと思い、当時通っていた風呂屋に向かおうとする。しかし、途中で道が分からなくなりしかも近くに煙突らしきものもないので断念。まああのボロアパートが風呂付きアパートに変わっているくらいなのだから、風呂屋の需要もあまりないのだろう。ちょっと残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

同期の桜

今日は同期のS氏が退職するというので、送別会である。

私が会社に入ったのは1992年は、ちょうどバブル期であり、ウチの会社も大卒だけで200人以上も採用しているような頃である。今採用をする側にいて当時の自分と比べると、今の学生は心構えとか考え方も実にしっかりしている気がする。

今日は同期の中でも同じ部門に配属された6名のうち5名が集結(そのほかにも後輩が3名)した。我々は入社すると各地の工場に配属され、現場の人を中心とした採用や教育関係を中心に仕事をしていた。だいたいどの工場も同じような仕事であったため、職場の怖い先輩に聞けないようなバカ質問も、他の工場にいる彼らに相談して解決ができたため、非常に頼もしい存在であったと言えよう。仕事を離れても、マージャン大会とかカラオケ大会で大変盛り上がった人たちである。今は私ともう1名を除いては家庭を持ってしまったこともあって仕事外の付き合いは減ってしまったが、仕事上では深いつながりは続いている。持つべきものは同期である。

今回退職するS氏は、年を食っていることもあり、我々の中でも兄貴分的存在であった。話ぶりはソフトで、非常に信頼できる雰囲気があり、私なんぞ何かあったらまず彼に聞くようなところもある(私のみならず私の上司もそう)。そんな彼は、体調を崩してしまったため残念ながら退職することとなってしまった。体調が戻り新しい職場が見つかったら接待してやるとのことで、彼のこれからの人生ともども大いに期待したいところである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)