指圧券

050619
昨日は寝坊してしまったが、今日は7時に起き、まずは少々であるがたまっている仕事を片付けに会社に向かう。仕事は午前中に片付き、予定通り午後からは鎌ヶ谷に参戦する。この程度なら、金曜にもっと残業すれば今日出社する必要はないのかもしれないが、金曜の定時が過ぎると仕事のやる気が急激に失せてしまうのである。また、日曜の午前仕事→午後野球というのは何となく一日を有効に使っていると錯覚するのかもしれない。

鎌ヶ谷に12時40分くらいに到着すると、今まで見たこともないような混雑である。通常はちゃんとした駐車場に停められるのだが、今日は駐車場はもちろん、球場の外周も既にほぼいっぱいで、球場外周の歩道に乗り上げて停めるという状況である。やはり、ダルビッシュよりは大讀賣ということだろうか。またはこの土日参戦しているBBの効果か?去年の讀賣戦はこんなことはなかったのだが・・・。

試合は鵜久森のプロ初ホームランも飛び出したハムが島田・金子・賢介にも一発が出て勝利。投手陣は一軍登録中の井場・佐々木・トーマスが調整登板もいずれも四球が多くピリッとせず大いに不安を残した。特に左は吉崎がへばっているだけに何とかしてもらいたいものである。

試合後のホームラン賞の抽選で地元の指圧屋の指圧・整体無料券が当選。チラシをもらったのだけどいつ、どうやって行こうか悩んでしまうところである。まあ、散髪屋の千円割引券といい、これも二軍戦らしくて良い。

| | Comments (0) | TrackBack (1)